ユーザビリティの向上へ

ユーザーがどのような事を求めているか、という点は、開発者側からは全て見えていないことがあります。それは特に細かい点であればあるほど、見逃してしまうこともありますが、その点でやはりユーザビリティというものを大切にしなければなりません。ユーザビリティの向上には、やはりユーザーの声を積極的に取り入れるということが関係しています。

これは、今回取り上げたユーザーのための入力フォーム改善に藻関連しています。私たちはその背景にある原因等は考えずに、自分たちにとって都合の悪いレスポンスが帰ってきたら、それを-という記号だけで受け取ってしまうことがほとんどです。自分たちは間違ったことを行っていないのに、思った通りにならない…これは大きなストレスとなるでしょう。

ですから、入力フォーム等においても、このストレスをできるだけ軽減する形でサービス等を改善させていかなければなりません。それは現在保有しているユーザーを離れさせないだけではなく、新しいユーザーを獲得して行くという過程の上でも非常に重要なこと、と言えます。

サービスやコンテンツが乱立されていく世の中ですからそういった細かな面に注意を払うならより提供するものの質に注目されるようになるでしょう。